「竜山の家」上棟の日
2018/7/2

梅雨の晴れ間。

夏を感じるような暑さの中、今日も元気に「竜山の家」の工事が進んでいます。

 

数年前から、自然素材を使った木の家に住みたいと工務店を探されていたお施主さん。

 

土佐へ視察に行き、材木の乾燥の技術を実際に見て頂き、その良さを体感してもらいました。

ちょうど我が家にやってくる構造材にも出会うことも出来て、その記念にとご家族で似顔絵を描いてもらいました。

 

その日から約一か月後。

土佐で絵を描いた材木に見守られ、ご家族みんなとご両親の笑顔に囲まれながら迎えた上棟の日。

 

「生きた材木を使って建てた家は建てた後も成長する」

自然素材を使った家は、本当に毎日違う表情で私たちを迎えてくれます。

 

これからのご家族の日常と、思い出を詰め込みながら、一緒に成長していく我が家。

 

青空の下で、今日も工事の心地よい音が響きます。