リフォーム現場確認
2015/11/24

深い庇をもつ立派な母屋の隣にある離れに当たる部分の全面リフォーム工事。

母屋の漆喰にも合う様に、外壁を珪藻土にて施行予定。2階に大きなベランダがあるためにサッシが取り付いたタイミングで現場確認。当然、念には念を入れて防水工事をしていますが、サッシの納まり方でその防水も意味がなくなる事もあります。

庇はあるものの、今日のゲリラ豪雨を考えると、ドアサッシが全面に濡れてしまう事も想定しておかなければなりません。

現場にて施工を担当している大工と、納まりの確認。この段階で水をかけて、どこからも水が漏れていない事を確認する事も大切になってきます。

現場での大工との打合せが非常に大切であり、ここにこそ建築の肝があると考えています。