土佐研修旅行 その1
2018/4/30

私たちあかい工房が施工する建物の多くに

使用している木材や漆喰。その良さをお施主さんに体感してもらうために何度か視察に訪れる自然豊かな場所、土佐。

 

今回は、大工やスタッフにもその良さを再認識してもらうため、一泊二日で研修旅行へと出かけました。

 

高知龍馬空港に到着し、昼食をとったあと

桂浜へ。

美しい海浜や、はるか太平洋を見据える

龍馬像。

海からの心地よい風を感じ、龍馬が見た風景に歴史を感じながら、材木市場へ向かいました。

 

高知県は森林面積が84%を占める、森林率

日本一の森林県です。

土佐材は古くからその良さを知られており、大阪城築城時に豊臣秀吉から

「日本一」とお墨付きをもらった銘木です。

 

「高知県林材株式会社」。

ここは、豊かな森で育った立派な土佐材が次々と集まる材木の市場。

 

たくましく育った木々がどっしりと横たわる姿。

その中には、昨年秋で伐採が休止されている千本山からやってきた杉の大木も。

 

年月を重ねた美しい年輪。

耳を当てると聞こえてくる心地いい木の息づかい。

 

この場所に集まり、いつかは旅立っていく材木たち。

彼らからエネルギーと癒しをもらい、次の目的地へと出発しました。 

(つづく)