狩口台の内覧会と検査
2017/5/22

初夏らしい暑いながらも、清々しい日々が続きます。

 

先日、瀬戸内を目の前に臨む狩口台の家の内覧会を開催させていただきました。

施主様には、完成前の貴重な住宅をお借りし、皆様にご覧いただく機会をいただきましたこと御礼申し上げます。

 

明石海峡からほど近く、瀬戸内の爽やかな光と風がリビングに入り込んできます。

建築内覧会ではありますが、スイーツやお料理のレッスンもできる大きなスペースを持つダイニングキッチンに皆が集まり、これから建築される皆様と子育てのことや生活のこと、仕事のことなど談笑しています。

 

この日は、内覧会後に建築設計者による検査と、施主様による最終検査をさせていただきました。

爽やかな光に満ちたリビングではありますが、南側に住宅が建ち並び、どうしても西側から眺望と同時に光と風を取り込まなければなりませんでした。

建築の特性をどう生かすか考えた建築家は、隣接する公園からの目線をコントロールしながら、光や風を取り込むためのルーバー建具を採用されました。

検査では、肝となるルーバーの角度や締まり具合、またその他の仕上げや必要寸法などを、一緒に引渡しに向けて一つずつ確認していきました。

建築は図面を元に立てていくのですが、図面だけではなく、建築設計者と施主様と一緒に実物を確認しイメージしていくことが重要です。

新たな地でこれから始まる生活を、改めてイメージしていく大切な検査であると考えています。

 

今週末の27日(土)、28日(日)は、弊社あかい工房の「棟梁の家」の完成見学会を開催させていただきます。

棟梁自らこだわり抜いた自邸をこの機会に御覧いただけます。

皆さまお誘い合わせの上お越しください。お待ちしております。

見学会お問い合わせ、ご予約はこちらhttp://akaikoubou.com/527土28日-棟梁の家-完成見学会を開催いたします%E3%80%82/から。