現場の整理整頓
2017/6/27

甲山を望む家も、仕上げの前のラストスパートに入りました。

この日はボード貼りや、配線の開口などをいつものように進めます。

あかい工房では「現場の整理整頓」が大切だと考えています。

使う道具の整理は当然、床材やその他の材料、残材なども、一目見てどこに何があるか分かるようにします。

また、現場の誰もが注意を払えるように「頭上注意」や「角あて注意」「土足厳禁」などのサインを現場に貼り、現場環境を整えています。

 

これには二つの大切な事があると考えています。

一つ目は「安全に円滑に仕事を進められる事」。

職人が安全に、そして効率よく仕事をすることができるためです。

使ったものをしっかり整頓することで、無駄な動きがなく、仕事も早くなります。

これは工程を円滑に進めるのに重要なことだと考えています。

そしてもう一つは「誰にとっても気持ち良い現場である事」。

誰が見てもスカッと気持ち良い現場は、私たちに工事を託していただいたお客様への感謝の気持ちと考えています。

整理だけでなく、隠れてしまうボードのビス位置も、定規を使い位置を決めることで、見た目も美しく、そして丁寧な仕事をすることができます。

より良い仕事をするために、あかい工房は今日も、「現場の整理整頓」の大切さを忘れずに、仕事に邁進しています。