「建築は人が作る」

家は店先で買う商品ではありません。
家づくりをデザインや性能・スペックばかりで語る人も多いですが、どんなに技術が進歩しても家は「人が作るもの」です。
また、1棟の家を建てるためには数十人、時には数百人の職人が出入りします。
だからこそ、「自分の仕事だけで人の仕事は関係ない」のような個人主義ではいい家はできません。
なにより職人のチームワークというのはとても重要だと考えます。

あかい工房は、「柔軟な考え」と「確かな技術」を持つ少数精鋭の職人集団です。
30~40代の若い職人が中心となり、時には職種を超えた協力体制で大切な家づくりを支えています。いつしか、この職人集団が「チームあかい」と呼ばれはじめました。
「建築は人が作る」 それは職人であり、住まい手であります。
その有機的なセッションが現場にあり、建築は育ちます。
建築は人が作り、建築は人が育てる。

チームあかいのメンバー