目神山の瓦家 その後
2019/9/30

上棟から3ヶ月がたちました。

目神山の高台に建設中の家は、外壁工事が終わり、造作工事に入っています。

お施主様ご自身で葺かれた、長く伸びた瓦屋根。オーダーで作ったシンボルの鬼瓦が工事を見守っています。

吹き抜けのあるリビングの大開口からは、六甲の山々が広がり、2階には大阪湾が一望できる広いバルコニーがあります。

海と自然がお好きなご夫婦。この地に移り住む決め手になった景色。

断熱材のセルロースファイバーの施工も終わり、暑い夏も寒い冬も快適に過ごすことができる家づくり。

四季折々の風景が楽しめる目神山の瓦家。

澄んだ秋空のもと、竣工に向けて、工事が進められています。